現在社会に生きる我々にとって切っても切れない一番の存在はお金です。
何をするにしてもお金はかかるもので、それは老若男女問わず当てはまります。
とはいえ、お金が必要な場面で所持金が足りなくなることは誰もが経験した事があると思います。
出先で一目ぼれした商品を買いたいのに手持ちが足りなくて、しかもクレジットカードは使えないなんて事態に以前遭遇しました。
そんなときにどうするか人によって違う答えがあります。
後日改めて買いにくるか、どこかで借りるかなどです。
しかし、前者は次回以降にそれがあるか分かりませんし、後者はキャッシュローンは金利の分普通に買うより損です。
そこで私がとったのは、一緒に来ていた友人に借りたのです。
もちろん、ただで借りたわけではありませんが、お金を借りる代わりに友人の頼みを聞くと言う交換条件をしました。
そうすれば金利もなく無駄な金を消費しませんし、相手に気を遣うのも楽になります。
私の信条として、お金に困っても可能な限り損をしないように常に考えをめぐらす、それが日々の中で重要なことだと思っています。

関連記事


    この数年、お酒の美味しさが分かってきて、外国物のウイスキーやブランデーなどを飲み始めました。最初はスーパーなどで売っているお決まりのブランドを買っていましたが、段々と熟成された価値の高いお酒が美味し…


    私がお金に困ってしまった時には、なるべくスーパーマーケットやコンビニなどへ意味も無く立ち寄る頻度を減らすようにしています。 私はコンビニへ行くことが癖になってしまっているので、スイーツや冷たい飲み物…


    クレジットカードにキャッシング枠というものが存在します。もちろん消費者金融やキャッシング会社と同じように 現金がカードによって引き出せるという機能ですね。申請をして審査をしてもらえば限度額が決まりま…